熊野(ゆや)【能ものがたり】

都落ちの最後の春。

平家の頭領、宗盛寵愛の美姫 熊野(ゆや)のもとには故郷の母より度々手紙が届いていた。

母は重い病におかされ、来年まで生きてはいられないだろう、どうか帰ってきておくれ。切なる便りを読み上げるが為政者は聞き入れない。熊野を伴い清水寺の花見に出発する


道々の風景も、母を思わせるばかり。清水の舞台で舞い見渡す桜は雲か霞か、観音の慈悲のヴェールと願いを込め。折しも通り雨に散る桜に母を思い涙する熊野。さすがの宗盛も帰郷を許した。


花は春が来ればまた咲くが母の命は一度限り。平家の花は再び咲くのか。


複雑な思いを抱え人は道を選択してゆく。

観世流能楽師  山下あさの