紅葉狩(もみじがり)【能ものがたり】

平維茂が山中へ狩りに入ると美しい女達が紅葉狩の酒宴。やがて誘われ酒をすすめられ、幽玄な舞に酔いつつ寝入ってしまう。


  林間に酒を温めて紅葉を焼くとかや・・・


白楽天の名文を引用して、肌寒くも燃えるような錦秋を愛でる風雅、ニシキヘビの如く豪奢で妖しい女君の誘惑も美しく。


長野戸隠には維茂が女首長「紅葉」を征服したという伝承がある。故に紅葉「狩」。

いや、では梨狩は如何に?


これは史実ではない、美しい物語。

能「紅葉狩」は女達が前世の因縁と誘惑し、それでいて仏教の「飲酒、邪淫」の戒めを説く。さてその正体は鬼である。


煩悩多き人間の内面を描いて妖しく美しい。

観世流能楽師  山下あさの