菊慈童(きくじどう)【能ものがたり】

九月九日 ( 旧 ) 重陽の節句。

もっとも大きな陽の吉数が重なるこの日には、菊の花に被せた綿が含んだ露で身体を拭いたり、酒に入れて飲んだりして不老長寿を祈った。

菊や綿の色彩は陰陽五行に基づき、月を愛でつつ秋の夜を楽しむ風雅な節句。

中国の彭祖仙人の故事も取入れ能「菊慈童」が創られた。


周の穆王 ( B.C.10頃 ) に寵愛された少年は、誤って皇帝の枕を跨ぐ。罪は重く山へ捨てられるが、皇帝は経文を枕に添え少年に与えた。


 「具一切功徳慈眼視衆生 福寿海無量是故応頂礼」


菊の葉に書き付けると露が降り川へ流れる。谷水を飲むうち少年は不老不死の身となり、いつしか七百年が過ぎていた。


「具一切功徳慈眼視衆生 福寿海無量是故応頂礼」

仏はあらゆる功徳をその身にそなえ、慈悲の眼をもって我らを見守ってくださる。

幸福は常に海のように無尽蔵に、我らの回りに満ちているのだ。疑うことなく身心を委ねることだ。


少年は慈童となって世を守る。穆王への追慕を深く胸に秘め、菊の中に舞う。

観世流能楽師  山下あさの