井筒(いづつ)【能ものがたり】

ふたりが永遠に一体だと信じ合った想い出の井戸に、女の魂は男の衣装を纏い浮遊する。

幼い頃たけくらべをした井戸。ふたりはやがて大人になった。


  筒井筒、井筒にかけしまろがたけ 過ぎにけらしな妹見ざる間に


僕の背丈も想いのたけも、井戸から溢れてしまったよ。求婚の和歌。


物語は続く。男は山を越え高安の女のもとへ通う。

夫を微笑んで見送る女はその通路を案じて呟く。


  風吹けば沖つ白波たつたやま夜半にや君がひとり越ゆらむ


妻の純心を知り、男は高安通いをやめた。


時が過ぎ女の魂はなお、井戸の傍から離れない。その姿は夜明けとともに消え去り、恋の薫りが残される。

観世流能楽師  山下あさの