羽衣(はごろも)【能ものがたり】

最終更新: 2018年6月9日

白砂青松。富士山の上に白い月の残る明け方。

天人が舞い降りて水浴びを愉しんだ。脱ぎおいた羽衣を漁師に盗られ悲しむ天人。

漁師は羽衣を返す交換条件に、月の舞楽を乞う。羽衣を纏わなければ舞うことはできない。疑う漁師に天人は、


 「いや疑いは人間にあり。天に偽りなきものを」


天人は月の満ち欠けを司る舞を日本国に伝え、東遊として永く継承された。

乙女の衣は春の霞の色。たなびく裳裾は七色の虹。天の恵みを地上に降らし、再び天へと昇ってゆく。

折しも夕日が富士山を染めた。さながら宇宙の中心に立つという須弥山の如く。染め色は蘇命路。


富士は不死を顕すという。


観世流能楽師  山下あさの