敦盛(あつもり)【能ものがたり】

一ノ谷の合戦で敦盛の頚を打った熊谷次郎直実は、決意の通りに出家し、蓮生と名乗る。

敦盛の供養に須磨を訪れた時笛の音が聞こえ、若々しい草刈男達が現れる。

小枝、蝉折、色々の笛の名。草刈が吹く笛は青葉の笛。住吉ならば高麗笛。

我らは忘れ捨てられた、塩木の焼け残りのようなもの。


蓮生の弔いにひかれ敦盛は修羅の姿を現した。

戦闘の前夜、平家の陣中から聞こえた管弦の音。誰もが心を奪われたその笛の音。兜の中の少年の貌は眩しいほどに美しく、どこに刃を立てていいのかもわからぬ。


生前は敵であったが今となっては法の友。

共に蓮に生まれようと語り、さりゆく後姿も潔い。

観世流能楽師  山下あさの