船弁慶(ふなべんけい)【能ものがたり】


兄頼朝に謀反を疑われ、追われる身となった義経。西へと逃れるため尼崎大物浦から船出となる。

弁慶の進言により、静御前はここで義経と別れるのである。

涙ながらに義経の行く末を祈り静は謡い舞う。

配流の隠岐を去る小野篁の晴れやかな詞、観音の誓願を切に唱え。


にわかに嵐が起こる。

黒雲の向こうに現れたのは、幼帝を奉じて檀ノ浦に沈んだ平家の一門。

大将知盛の怨霊が義経の船を襲う。

刀で応戦するが、斬り伏せることはできない。

比叡山の僧であった弁慶は数珠を手に、五大明王を降臨させた。

船出は叶わず、義経達を待つ運命は厳しいものであった。

観世流能楽師  山下あさの