香散見草

かざみぐさ‥

ぎゃらりい手のお能講座「弱法師」のための和菓子の銘。


盲目の少年が二世安楽を祈るため

天王寺の石の鳥居を訪れるお話し。


どんなお菓子を創ってくださるのかと

とても楽しみにしていました。


お菓子を受け取りにいくと

多津瀬のご主人がお菓子の説明をして下さいました。

かざみぐさ、とは「梅」のことなのだそうです。


その文字の如く、「香りが散るのを見る草」。


「弱法師」の中で主人公俊徳丸は

天王寺で施行を受けます。

施行とは、恵まれない者に行われる施しで

一般的には物品のことと理解されがちですが、

精神的なことも含まれます。


物品の施しを受けようとした乞食である俊徳丸の袖に

おりしも梅の花びらが散り掛かります。


仏は草木国土までも成仏させると誓約された。

ましてや人間が成仏できないはずがない。


そんな誓いの散華の花びら。


俊徳丸には花びらを見ることはできませんが、

梅の香りでそれを知るのです。


和菓子「香散見草」。

真っ白な求肥からほの赤い梅の餡が透けて見えます。

求肥には石の鳥居が右半分、焼き印で描かれていました。


「私は、本物の石の鳥居を見たことはないのだけれど。」

とおっしゃる多津瀬のご主人。


いえいえ、誰よりも石の鳥居を知っておられると思います。


御菓子処 多津瀬